SAMURAI JEANS 2019 COLLECTION MODEL - S555SJC

  • 生地
  • 仕様
  • 縫製
  • 革札
  • 釦
  • 尾錠
  • 名前
  • 袋布
  • 特典
  • 寸法
S555SJC

生地

侍魂17ozセルビッチデニム

経糸はムラ5番糸を使用、綿質の硬い荒い原綿をよりザラ感が出る手法(強撚)で紡績している。
ムラの形状も5番という太い糸では表現しにくかったナチュラルさが有る。
染めは「indigo100%」で表現できる濃色のもう一つ上の特濃色で染色。
アタリが付き易いように糸の芯白の部分は出来るだけ大きくしている。

緯糸は「自家製サムライコットン」。
サムライコットンは、紡績機からこぼれ落ちてしまうほどの短い超短繊維であり、これこそが和綿の特徴である。
紡績機で糸にすること自体非常に難易度が高く、正当なデニムの糸として完成できたのも、
「何としても糸にしたい」というサムライジーンズの熱意と、それに応えて頂いた職人さんの熟練の技の賜物である。
完成した極上の綿糸は、他には類のない、柔軟で柔らかく、快い毛羽立ちと弾力性があるやさしい風合いをもつ、世界で唯一の「極上の糸」となった。

ムラ感の強い硬い経糸と、強く撚りをかけた超短繊維綿からなる緯糸の、まったく相反する二種類の繊維からできた糸を、
縦と横につかったデニム生地がどんな表情をみせてくれるのか、持ち主だけが味わうことができる究極の贅沢であり、
穿き手の心をくすぐる逸品である。耳部分は金ラメ糸によるセルビッチとなっている。

PAGE TOP

仕様

S555VX零大戦Gジャン」がベース!

サイズ:36.38.40.42.44.46(inch)6展開。

ピスネームは超スペシャルにのみ付く「オレンジターン∀」仕様、風合いを考えたレーヨン素材。

ポケット裏に「サムライコットンネーム

*ノンウォッシュ仕様。

PAGE TOP

縫製

糸は金茶とオリジナルイエロー綿糸の二色使い。
各部位で糸番手・ピッチを変え、メリハリを持たせている。
ヴィンテージのボトムに見られるウエスト帯からのトップボタンに向かって入るVステッチを裾部分に施し、サムライ流に!
前立ての見返し、シンチベルトの裏、ポケット口裏には贅沢にもセルビッチをあしらった。

PAGE TOP

革札

兜のデザイン!
中心に「」、右には「侍綿製」の文字が入る。素材は「牛ヌメ革の焼印」仕様。

*シリアルナンバーの印字が入ります。

PAGE TOP

ボタン・リベット

S000JPCで使用している和綿の花をイメージしたデザインの「鉄製純銀鍍金サムライコットンボタン」を採用。
純銀の鍍金特有の高貴な表情で、使えば使い込む程豊かな風合いを演出する。

オリジナルリベット「刀鍔(かたなつば)」を採用。
侍が持つ刀の鍔をイメージした銅製リベット。サムライジーンズ竹太鼓ロゴをモチーフとしている。
隠しリベットはお馴染み「銭形」、同じく銅製で「諸行無常」の文字が入るデザイン。

PAGE TOP

尾錠

サムライ別注バックル。大型の針付きタイプ。一つ一つが職人の方によって手作りで製作されている。

*針状になっておりますので、物を傷つける恐れがあります。お取扱いには充分お気をつけて下さい。

PAGE TOP

名前

正真正銘の日本製サムライコットンを使用していることの証明として、ポケット裏には「サムライコットンネーム」をつけている。

PAGE TOP

袋布

侍魂ジャガードスレーキ」をポケット内布に使用。
鍬を手にしたサムライと綿をイメージ。
キナリベースの糸を染めた薄いベージュ糸でジャガード模様を織り込み、生地の濃淡でデザインが浮かび上がる豪華な仕様。

PAGE TOP

特典

100%サムライコットン「侍魂19oz本藍野望セルビッチ」を使用した特製デニムカードケース!

PAGE TOP

サイズ

S555SJC WASHEDサイズ表

サイズ:36.38.40.42.44.46inch の6サイズ展開

JACKET SIZE
サイズ
(inch)
36 38 40 42 44 46
着丈
(cm)
55 57 59 61 63 65
身幅
(cm)
50 52 54 56 58 60
裾幅
(cm)
44 46 48 50 52 54
袖丈
(cm)
57 59 61 63 65 67
肩丈
(cm)
42 44 46 48 50 52
PAGE TOP
  • 上記の「WASHEDサイズ表」は、一度洗いにかけた後、天日干しにした数値です。ご参考にどうぞ!
  • 洗い方・乾燥の方法により、上記の数値と異なる場合がありますので、予めご了承下さい。
  • 季節的・気候的な誤差は含まれていません。
    例えば、沖縄の真夏に「のりおとし」を行った場合と北海道の真冬に「のりおとし」を行った場合とでは、上記の数値に誤差がでます。
    なにしろデニムは「生き物」ですから!