S510XX_RR
米国テキサスコットンを使用、元々荒々しい特徴を持った綿に、繊維長の短い綿(綿カス部分)を入れて、
より繊維の不均一さを増したもの。
これを糸にする事で不規則な荒々しいムラ形状になる。更に糸を通常よりも強く撚る為、生地にした時の硬さも増している。一般的な紡績では年間を通して安定した様々な綿をブレンドして一本の糸にするが、今回はテキサスコットンのみを使用「単一混綿」の為、その風合いが強調されて出てくる。糸番手は経・緯共に6番糸。
ピュアインディゴ100%で出せる限界特濃色。これまでのサムライオリジナルデニム同様、芯の白の部分は
大きくアタリの付き易いものにしている。
今回はテンションを掛け、糸の打ち込みを最大限まで入れている。その為、生地の張り腰(コシの強さ)は
半端ではないものに仕上っている。


穿き込む事でくたびれるどころかより締まっていき、更にコシの強さを増していく。ザラ織りにしていなくてもザラ感が表現できたのは、糸の硬い部分が打ち込みを上げることで協調された為である。サムライオリジナルデニム至上、最も硬派なデニムといえるだろう。
セルビッチ部分はサムライジーンズ「初代S510XX」をイメージしたシンプルな「赤耳」仕様とした。

この企画の為だけに赤の耳糸を作り織り上げた特別なデニムです。



 
  


● シルエットは現行S0510XXと同じ。
● ピスネームは初代S510XXと同じ「Rのみ」のデザイン、もちろん風合いを考えたレーヨン素材。
● スレーキもキナリの無地を使用。
● 初代S510XXと同じく、サムライカモメステッチはありません。



-SEWING-


糸の配色はバナナイエロー、金茶のニ色を中心としている。バックヨークの巻き縫い・帯付の環縫い・持ち出し付け、脇の地縫い等の主要部には6番糸、脇押えには0番糸と太い番手を用い、ワイルドさと強さを表現している。ダブルステッチのゲージや針足、糸番手は各部の特徴にあわせて調整し見たときのメリハリをもたせている。大股のコバステッチはやや内寄りに走らせ、ビンテージ当時の力強いステッチワークをイメージした。バックポケット付けは一筆縫いにて行い、ベルトループについては巻き込みを増やして中高にしており、ループはバンザイ付けにて革パッチと共に固定される。






S510XX-RRパッチ。
サムライジーンズ初代S510XXのパッチを基本としているデザイン。ロットナンバーは「10」、そして「000」から一本一本シリアルナンバーを印字させて頂きます。世界で一つしかないあなただけのジーンズになります。
*ナンバーは予約先着順ではありません。
*写真はLOT11-000となっておりますが、実際は「10-000」からのシリアルナンバーとなります。 ご了承下さい。





初代S510XXに使用された伝説の黄色フラッシャーをベースに、裏面には今回お客様からお預かりする寄付金の預り証、
そしてこのモデルの趣旨が書かれている。




ボタン・リベットも懐かしの仕様とした。
ボタンは月桂樹ドーナツのエイジング加工(サビ加工)、リベットは無刻印とユニバーサルを使っている。




この企画の為だけに製作された判子。
ポケットスレーキに一本一本手押しでスタンプ致します。油性不滅インクの不鮮明なかすれ感が良い風合いである。 今回、日本レスキュー協会のロゴを特別に使わせて頂きました。




サイズは37・39インチを除く28〜40インチ。レングスは36インチ固定。





WASHEDサイズ表
サイズ
(inch)
28 29 30 31 32 33 34 35 36 38 40
ウェスト(cm) 71〜74 73.5〜76.5 76〜79 78.5〜81.5 81〜84 83.5〜86.5 86〜89 88.5〜91.5 91〜94 96〜99 101〜104
ワタリ幅(cm) 27〜28 27.7〜28.7 28.4〜29.4 29.1〜30.1 29.8〜30.8 30.5〜31.5 31.2〜32.2 31.9〜32.9 32.6〜33.6 34〜35 35.4〜36.4
裾幅(cm) 20.8〜21.8 21.2〜22.2 21.6〜22.6 22〜23 22.4〜23.4 22.8〜23.8 23.2〜24.2 23.6〜24.6 24〜25 24.8〜25.8 25.6〜26.6
レングス(cm) 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91 89〜91

下記の表のWASHEDは一度洗いにかけた後に天日干しにした数値です、参考にどうぞ。 洗い方・乾燥の方法により、上記の数値と異なる場合がありますので、予めご了承ください。
また季節的、気候的な誤差は含まれていませんので、例えば沖縄の真夏に「のりおとし」を行った場合と北海道の真冬にそれをおこなった場合とでは、 上記の数値に誤差がでます。
なにしろデニムは「生き物」ですから!

※商品のカラーはコンピュータディスプレイの性質上、実際の色と異なって見える場合がございますので
  ご了承下さい。