S0511XS-CP


SAMURAIのチノパンツ「Cp」。これはその「ゴーイチマル」に続く第2弾「ゴーイチイチ」。
イメージもそのまま510Cpから受け継いで、511ファンの皆様のリクエストに応えました。

510と511を使用して一番感じられる違いはボタンフライとジップフライの差だと思うのですが、その違いもそのまま持ち込みました。シルエットも、510スタイルに対してやや細めなので女性にもオススメです。
S0511XS-CPのスペック


ウェストサイズは27, 28, 29, 30, 31(inch)まで5サイズ。レングスは34インチのみ。

特徴的なフロントウェスト部分など、510Cpと同じ印象ではありますが、ボタンフライの「ゴーイチマル」に対して「ゴーイチイチ」のこのモデルはジップフライを採用。つまり「チャック」。
この採用によって隠れた人気アイテムだった「タグワ椰子」ボタンがトップボタンのみとなりました。

慣れ不慣れの違いはあれど、万人に馴染みやすいジップフライと、510に対してやや細身のシルエットの組み合わせは、元祖511XSと同じコンセプト。
ただ、510タイプの特徴であった「椰子の実ボタン」は、ZIPフライ化に伴ってトップボタンのみに。

もっとも、同じコンセプトを謳うとはいえデニム生地を使用しているわけではないので、質感から受ける印象の違いは大きく、「ジーンズ」然とした主張は無い。実はこれが「Cp」の特徴でもあり、存在理由でもあるわけです。
「シーガルステッチ」も、少し浮いた印象があったため付けていない。これは510Cシリーズ(510XX-66Hb, 510XX-HC, 510XX-Cp)とまったく同じ流れ。

この「シーガルステッチ」の無いバックスタイルが与える第一印象は、現行のS0511XS2よりも、初代511XSの面影が強く、SAMURAI旧モデルにラブコールを送る方々には、別モノに見えつつも何か訴えかけるモノがあるのでは?

Cシリーズモデル共通の特徴として、工場出荷前に「前洗い」が施されてある程度まで「縮み」を経験済みとなっています。そのため革製のパッチが少しだけ「くたびれ」ているのが特徴。そのかわりに「縮み過ぎたッ!」というリスクは小さく(ゼロではありませんので、無茶は禁物です)なりました。

S0511XS-CPのスペック

ウエスト(inch) 27 28 29 30 31
ウエスト(cm) 68.5 71 73.5 76 78.5
レングス(cm) 85 85 85 85 85
ワタリ幅(cm) 24 24.5 25 25.5 26
裾 幅(cm) 17 17 18 18 19