S0511XS-HC


Cシリーズ第2世代の2番手「ゴーイチイチのヒッコリー」。

色(柄)は黒の縦縞模様で、コンセプトは好評を得た「先代」510HCからそのまま継承しています。

ストライプ方向にモノが細く、長く見えるという効果を、510よりもひとまわり細身となった511のシルエットで、どのように活かして下さるのか。企画者の意表をつくような、オーナー様の穿きこなしが楽しみです。
S0511XS-HCのスペック

少々へヴィなのと、画像が510XX-HCのものであるというのがチョット心苦しいのですが、どうにも柄が御せなくて、実績のある先代の画像流用と相成りました。

パッチは、当然ながら510のもので、この511XS-Hcには、あたりまえですがベースモデルの511XSのものと基本的に同じ物が付きます。
また、生地自体に「張り」というか「コシ」が無いような「柔らかい」印象があるのは、生地が13.5オンスのためだけではなく、ワンウォッシュが施されていることによる部分が大きいです。

S0511XS-HCのシルエット

ウエストサイズ27, 28, 29, 30, 31, 32(inch)、6サイズを用意(レングスは34インチのみ)。

シルエットは先代同様に511XSの形状をほぼそのまま引き継いでいます。ヒッコリー生地の「生地使」いも先代と同じ。13.5oz生地を使って「春物」っぽいタッチに仕上げたもの。15ozサムジーと穿き較べをすると、このタッチはヒッコリーの触感とも相まってはっきり実感できるはずだと思っているのですが…。

「先代」が「女の子に穿かせてみたいなァ」という、某サムジー取扱店の方の発言から誕生したという性格をそのまま引き継いで、大柄な人よりも小柄な人を意識した小さ目サイズ傾向がさらに強まってしまいました。

上でも書きましたが「もう少し細い物を」との声もあって生まれた511XSのヒッコリーモデルですが、オリジナル(?)の510HCに較べてヒッコリーの縦縞が細さをさらに強調して見せてくれるはず。

*左の画像はS0511XS-Hcそのものの画像ですが、お使いのモニタの解像度によって柄が変な状態に見えるかもしれません。